定期航空協会
「安全阻害行為等」のうち、特に次の行為を行った者に対して、機長は「引き続き行ったり、繰り返してはならない」との命令(「禁止命令」)をすることができます。
 
 
   
機長からの「禁止命令」に従わず、その行為を引き続き行ったり、繰り返した者には、
50万円以下の罰金が科せられることがあります。
 

概要提言お知らせプレスリリーストップ